スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.092 DMR-02考察

DMR-02の情報はほとんど出てないけど勝手に今後の展開について考察してみる。

※以下は完全に個人的な考察です。悪しからず

DMR-01で登場したダイモス、パワフル・ビームなどのカードや新能力スペース・チャージで分かる友好色プッシュ。
火銃秘宝ザビ・グリーゼのフレーバーには「パンドラ・スペースにはクリーチャー世界と同様の5つの文明が存在し、さらには文明を融合させる力を持っていた」と書かれている。
既に覚醒リンクのバリバリ・パックンガー、ドン・マシュマロ、ガロウズ・デビルズドラゴンは多色カード。
以上の点から次弾からは多色のピックアップが行われると思われる。

かつて、ウェーブストライカーというものが存在した。レインボー軍団に抵抗したものの結局は滅ぼされたが多色がエイリアン側だとすればウェーブストライカー持ちのハンターが出てもそれはそれで面白いかもしれない。

それからZ(ゼータ)。「所詮、Ζは役に立たなかったな。やはり我らの出番だ。」(巡霊者ヴィーワイ)、「超次元の奥にある、パンドラ・スペースまで唯一たどり着いた者、それがZであった。」(封魔ザビ・ヴォルフ)
これらのフレーバーテキストからZはエイリアンとの関連性があった。

ゼータというのはギリシャ文字ζ(ゼータ)。エイリアンのカード名に恒星名がある程度使われているがアンタレスはさそり座α星、サルガスはさそり座θ星など、星座を構成する星にも~座○星と、○の中にギリシャ文字が入る。

悪魔神ザビ・イプシロンの場合はギリシャ文字のイプシロン(ε)がそのまま名前に使用されている。

ところでZ(ゼータ)が登場したときに超電磁マクスウェルZ、勇者ベッカムZ、ゼータ・トゥレイトなどを連想した人も少なからず居ると思われる。
ゼータ・トゥレイト…これはシグマ・トゥレイトの影に隠れたサバイバーの進化クリーチャーである。
サバイバーといえばずいぶん昔に絶滅した種族ではあるものの、カード名にはα、β、γ、δのギリシャ文字が含まれていた。

サバイバーはDM-01の背景ストーリーで突如発生した謎の大爆発で5文明の均衡が崩れた後に風穴があいた未知の空間(惑星の地下)から現れた存在。サバイバーは人型の種族を避けて構成されており、エイリアンの外見とは結構異なるものの特殊な存在だった。

絶滅しているとはいえZ(ゼータ)軍がロマノフを蘇らせた前例があるため、エイリアンがサバイバーを復活させる可能性も否定できない。


最後に、個人的に好きな超電磁トワイライトΣ、超電磁では唯一ギリシャ文字を持つこのカード。種族には何も現れていないものの、超次元の穴が開く前に姿を現していた視覚であるかもしれない…流石にないか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

”DM Trackback Terminal”管理人のthiaryと申します。
このたびは当トラコミュに参加いただき、誠にありがとうございます。

-----

ものすごくひさしぶりにヴォ―ソス系の考察を読んだ気がします。
今のDMにとってとても貴重な試みなので、今後も頑張ってください!
プロフィール

ルクス

Author:ルクス
DM vaultでデュエルしているアリス好きな高校生のブログ。最近割と頻繁に使っているカードはノクターン・ドラグーン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブログ村
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
逆アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。